サラリーマンの平凡日記(記録用)


by uaqcbflzrv

カテゴリ:未分類( 54 )

◇「店を継ぐ」「漁師になる」… 72人が抱負披露

 【宮城】塩釜市の市立杉の入小で26日、10歳を記念する「2分の1成人式」が行われた。これまでの成長を振り返り、20歳への目標を立てようという同校の恒例行事で、4年生72人が元気に「2分の1成人」の抱負を披露した。

 体育館で行われた式には保護者らも出席。児童が事前に書いた「感謝の手紙」をうれしそうに受け取った。高橋裕司校長が、児童の写真を刷り込んだ「2分の1成人証書」を手渡し、「目標に向けて努力する人になってほしい」と激励。保護者代表の同市藤倉、伊藤幸子さん(38)は「たくさんの初めてを積み重ね、ここまで成長してくれた。次の成人に向け素晴らしい10年になりますように」との言葉を贈った。

 児童は一人一人立ち上がって決意表明。スポーツ選手、芸能人、学者など目指す将来像を披露したり、「おじいちゃんの店を継ぐ」「漁師になる」「頭のいい大人になりたい」などそれぞれの夢を語っていた。【渡辺豊】

【関連ニュース】
成人式妨害:騒ぎ、壇上を走る 容疑者5人を逮捕 秋田
成人式:男2人を逮捕、式進行妨害の疑い 長崎・佐世保
成人式:東海3県で12万人 初の“全員が平成生まれ”
成人式:エレベーター事故で亡くなった市川さんの母が出席
成人式:戦車と隊員綱引き 大分・陸自駐屯地が計画

<民主党>「政権公約実現の会」が政治団体で届け出へ(毎日新聞)
10年度の年金額は据え置き=厚労省(時事通信)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
定年制は「高齢者排除の論理」=自民執行部に異議−片山氏(時事通信)
タービン静翼の酸化腐食が原因=エアインディア機のエンジン部品落下−運輸安全委(時事通信)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-02-03 03:15
 新型インフルエンザの患者に小中学生が占める割合が3割超にまで増加していることが1月29日、厚生労働省のまとめで分かった。小中学生に当たる5-14歳がインフルエンザの推計患者に占める割合は、18-24日の週は35.4%となり、前週から約10ポイント増加した。健康局結核感染症課の中嶋建介・感染症情報管理室長は29日の記者会見で、「学校での流行と呼応するものではないか」と指摘した。

 全国の推計患者数は約48万人で、前週と変わらなかったが、5-9歳の推計患者数は10万人(前週比3万人増)、10-14歳は7万人(同2万人増)だった。

 一方、成人が推計患者に占める割合は41.7%となり、前週の52.1%から10ポイント以上減少し、5割を下回った。


【関連記事】
インフル定点9.03、8週ぶり増加
小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル
成人の推計患者数が増加―新型インフル
インフル患者、20歳代以下で減少−感染研
「秋の流行」はピーク過ぎた―新型インフルで厚労省・中嶋室長

福島党首の4選決定=社民大会が開幕(時事通信)
企業再生支援機構の活用検討=ハウステンボス再建で−前原国交相(時事通信)
小沢氏会見詳報(2)「与えられた職責を全うしたい」(産経新聞)
<流氷>知床に着岸 南下は平年並み(毎日新聞)
「清水の舞台」でも放水訓練 文化財防火デー(産経新聞)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-02-02 03:28
 公明党は27日、今夏の参院選埼玉選挙区に公認候補を擁立する方針を決めた。改選を迎える現職の西田実仁氏を比例代表に回し、同選挙区から撤退することを昨年12月に決めていたが、民主党の勢いに陰りがみえつつあると判断し、主戦論に転じた。

 埼玉選挙区では07年に公明党の現職が落選した。次期選挙は現時点で民主党が2人を擁立し、自民、共産、社民各党などと3議席を争う構図になっている。公明党は新人を中心に人選を進める。【田所柳子】

【関連ニュース】
鳩山首相:参院選後に省庁再編の意向
自民:2月中に参院選候補者決定 全国幹事長会議開く
参院選:社民党が埼玉、大阪選挙区に公認候補
共産党:党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ
自民党:参院選目標定まらず「改選第1党」壁高く

<小沢幹事長>弱気か深謀か 自身の健康不安繰り返す(毎日新聞)
笹川氏孫名乗り、出資金詐取=「利子30%」とうそ、56歳女逮捕−山口県警(時事通信)
25日の小沢民主党幹事長の記者会見要旨(読売新聞)
日航機、引き返す=離陸直後にエンジン異常−沖縄(時事通信)
民家に押し入り腕時計奪い逃走 大田区で強盗 (産経新聞)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-01-31 13:01
 大阪府は28日、府内14カ所の保健所で平成18年4月から21年12月末までに結核検査を受けた約5500人のうち約2200人の受診者に対し、検査上のミスで誤判定をした可能性があると発表した。本人に対し郵便通知し、謝罪したうえで、あらためて検査を行う予定。

 府地域保健感染症課によると、結核の感染を調べる血液検査で本来は「組織培養プレート」を使うところ、誤って「微生物培養プレート」を使用。担当者が勘違いして微生物培養プレートを購入してしまったことなどが原因という。

 このミスで受診者に対し、陽性を陰性、陰性を陽性と誤判定している可能性があるという。

 昨年10月に医療機関から府保健所に検査結果がおかしいと報告があったことから発覚した。

【関連記事】
“長引く咳”は要注意…箕輪を襲った結核
大阪市で結核集団感染 4人発病、うち1人が死亡
長崎の保育士が結核 退院後に職場復帰も体調不良で再び入院
「疑い例」一夜明けた厚労省 「体きつい」職員に疲れも
ハリセン箕輪の結核パニック 都に電話相談1383件

替え玉殺人裁判 イン・リナ被告への判決要旨(産経新聞)
家賃代わりにみだらな行為 少女を泊めた男逮捕(産経新聞)
「水増しの意味、わかるよね」市職員の呆れた実態 公金詐欺事件(産経新聞)
八ッ場ダム予定地、湯かけ祭りに沸く…群馬(読売新聞)
タリバン社会復帰へ基金=5億ドル規模、日英提案へ−アフガン支援(時事通信)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-01-29 23:27