サラリーマンの平凡日記(記録用)


by uaqcbflzrv

カテゴリ:未分類( 54 )

 7日午後1時10分頃、長崎県南島原市北有馬町の山中で、イノシシ猟をしていた同市有家町、農業末吉昌彦さん(62)が撃った散弾銃の弾が、約5メートル手前にいた同所、無職小川英昭さん(66)に当たった。

 弾は背中から左胸に貫通し、小川さんは失血死した。

 県警南島原署は業務上過失致死容疑も視野に入れて調べている。

 発表によると、末吉さんが撃った弾は、イノシシや鹿などの狩猟用に使われる「スラッグ弾」。大玉の一粒弾で飛散せず、通常の散弾に比べて破壊力が大きいという。

 2人は猟銃免許を所持。午前9時頃から一緒に猟を始めた。調べに対し、末吉さんは「約20メートル先にいたイノシシを狙って発砲したら、手前に小川さんが出てきた」などと話しているという。

外国人地方参政権 亀井氏「法案提出なら連立解消」(産経新聞)
沖縄返還時「密約」、米銀行に無利子預金口座(読売新聞)
日本事業がグローバル成長をけん引―エーザイ(医療介護CBニュース)
【Web】五輪フィギュア女子にネットも最高潮(産経新聞)
自民が「徴兵制」検討? =幹事長、即座に否定談話(時事通信)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-03-10 12:00
 宮崎市の家族3人殺害事件で、生後6カ月の長男雄登ちゃんの死体遺棄容疑で逮捕された宮崎市花ケ島町、建設会社員、奥本章寛(あきひろ)容疑者(22)が「自由のない生活でストレスをためた」と話していることが7日、接見した弁護人への取材で分かった。弁護人によると、「義母と妻が数日おきに理由もなく怒りを爆発させ、怒られていたが反抗できなかった」とも説明。一方で謝罪の言葉も口にしているという。

 奥本容疑者は調べでも「家庭内に力関係があり、自分の居場所がなかった」などと供述。宮崎県警は妻くみ子さん(当時24歳)と、義母池上貴子さん(当時50歳)への恨みが背景にあるとみている。

 また、1日夜、第一発見者を装って「2人が死んでいる」と110番したことに関し、奥本容疑者は弁護人に「外部者の犯行に見せかけるため、部屋を自分で荒らした」と話していることも新たに分かった。

 昨年3月に結婚した奥本容疑者は7月に池上さんとも同居し始めたが、弁護人には「2人とも機嫌が悪いと、すぐにカッとなり、びくびくしていた。しかしお母さんに気に入られたかった。だから口答えできなかった。この状態を続けることが苦しかった」と話し、何度か離婚話も出たという。

 また「家計は妻が全部管理し、自由になるこづかいはなかった。給料は手取り18万円程度だが新車のローンがあり、経済的にも苦しかった」と説明している。

 捜査関係者によると、ローンの返済で生活費の多くは居酒屋などの従業員だった池上さんが負担していたとみられ、2人から「稼ぎが少ない」と言われたこともあったという。

 奥本容疑者は、雄登ちゃんの遺体を自宅から約800メートル離れた勤務先の建設会社の資材置き場まで車で運んで埋めたとして、2日に死体遺棄容疑で逮捕された。奥本容疑者方ではくみ子さんと、池上さんが頭を殴られて殺されているのが発見された。奥本容疑者は3人の殺害を認めているという。県警は近く殺人容疑で再逮捕する方針。【小原擁、川上珠実】

<参院予算委>小林議員辞職要求に首相「本人の意思の問題」(毎日新聞)
<訃報>中村昇さん65歳=元京セラ会長(毎日新聞)
受験生「感謝したい人」 先生より母親(産経新聞)
鳩山首相「原子力はCO2減らすために不可欠」(産経新聞)
サイバー攻撃に無防備、193自治体(読売新聞)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-03-09 00:34
 自民党の谷垣禎一総裁は2日夜、舛添要一前厚生労働相が1日の講演で政党支持率の低迷を踏まえて「党内の賢明な政治家が、谷垣氏に辞任を促す方向に行くだろう」と参院選前の「谷垣降ろし」に言及したことに対し、「前の衆院選でも党内で争っている姿が支持率を落とした。参院選を前にして団結していくことが一番大事だ」と反論した。同時に「いろんな議論があるなら、党内でそれぞれの場で議論していただくことが必要だ」と、不満は党の場で訴えるべきだと苦言を呈した。国会内で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
仙谷氏、新党連携に否定的 舛添氏発言
自民・舛添氏「総裁辞任で改革進む」 “谷垣おろし”宣言?
自民で「派閥の衰退」が顕著に 代わって「勉強会」が花盛り
舛添氏、予算審議拒否で自民執行部を批判
舛添氏「手を突っ込む」 民主の一部と連携も
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

「対応に深い悔恨の念」=検証結果を公表−死亡小1の虐待で区・東京(時事通信)
再起訴19回で異例の引き延ばし、時効が成立(読売新聞)
過去事件へ適用「憲法違反でない」=時効撤廃・延長で千葉法相(時事通信)
生ごみ 石炭並みの熱量燃料に 静岡大グループ開発(毎日新聞)
愛子さまが「乱暴」で学校お休みに(産経新聞)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-03-07 12:02
 自民党の谷垣禎一総裁は4日の記者会見で、鳩山由紀夫首相らが呼び掛けている企業・団体献金禁止などを検討する与野党協議機関の設置に関し「疑惑を隠すための目くらましにすぎない」と述べ、民主党の「政治とカネ」の問題解明が先決で、現状では参加しない考えを改めて示した。
 谷垣氏は同問題をめぐり、鳩山首相と、小林千代美衆院議員に違法な資金を提供したとされる北海道教職員組合、小沢一郎民主党幹事長のそれぞれの頭文字を取って「濁った『H2O』だ。民主党の体質を如実に物語る」と指摘。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

DS関連業者に初の行政処分=2社に業務停止命令−東京都(時事通信)
<インフルエンザ>受診者が5週連続で減少 定点医療機関(毎日新聞)
<鳩山首相>小沢氏と参院選に向け会談(毎日新聞)
官僚の「やる気」向上、刷新相が「政策コンペ」(読売新聞)
原口総務相、ツイッターで津波情報流し弁明(読売新聞)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-03-05 22:12
 香港から覚せい剤約2キロを密輸したとして覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などに問われた暴力団幹部で無職新井良幸被告(43)の裁判員裁判の公判が2日、東京地裁であった。

 検察側証人として共犯の男2人が出廷したが、ともに証言を拒否。このため、初公判前に行われた2人の証人尋問の速記録が約3時間にわたり朗読された。

 この日の証人尋問では、新井被告の指示で香港からの「運び屋」を務めた受刑者(43)(懲役8年などが確定)と、共犯の元暴力団員中林厚被告(61)(上告中)が、法廷でうそをつかないという宣誓を拒否、そのまま退廷した。

 そこで、検察側は、昨年12月に非公開で行った証人尋問の調書を証拠として提出し、2人の証言を再現した。検察側は、2人が暴力団幹部である新井被告の前で証言するのは心理的負担が大きいとして、事前の証人尋問を同地裁に請求して、認められていた。

 調書は一問一答形式で、検察官席の検事4人が、それぞれ裁判官、検察官、弁護人、証人の役を担当し、順次、立ち上がって朗読。運び屋役の検察官は、税関で覚せい剤が発見された時の気持ちについて、「あーやられたー、と思いましたねぇ」と抑揚を付けて読み上げた。

元社福法人理事長が脱税 乗っ取り協力報酬1・5億円隠す 大阪国税局告発(産経新聞)
強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル−東大医科研など(時事通信)
<ゴルフボール>特許侵害認定 輸入米社に賠償命令(毎日新聞)
<明石市歌>“豪華”にCD化 100枚を販売(毎日新聞)
「プラス改定、素直に喜びたい」−全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-03-04 02:15
 特別養護老人ホームの建設を巡る汚職事件で、2005年に香川県警から事情聴取された後に行方不明となった元高松市議の男(60)について、高松地検は2件の贈賄罪でそれぞれ起訴を繰り返す異例の手法で公訴時効(3年)の成立を延ばしてきた。しかし、うち1件は27日午前0時に時効が成立。

 被告が逃げ続けているとみている地検は、残る1件の時効まで行方を追う、としている。

 元市議は宮本和人被告。起訴状では02年11月、地元に建設予定の特別養護老人ホームを国の補助金交付施設に選んでもらおうと、当時の市助役に200万円を渡そうとし、03年3月には選んでもらった謝礼に300万円を渡したとされる。

 刑事訴訟法は、起訴によって時効は停止される、と規定。2か月間に起訴状が被告に届かなければ公訴は棄却されるが、それまでは時効適用を止められる。地検は、05年11月に200万円を渡そうとした贈賄罪(申し込み)、06年6月に300万円を渡した贈賄罪でそれぞれ在宅起訴した。

 06年6月の起訴は時効成立まで残り19日。地検は2か月ごとに起訴を繰り返したが、時効の停止期限日から日付が替わって初めて次の起訴手続きがとれることから、1日は時効が停止されず、19回の「再起訴」のたびに時効が迫っていった。

 もう1件は、最初に起訴した日から時効成立までの残り日数が多かったため、まだ時効を迎えていない。

 地検の玉置俊二次席検事は「異例の捜査手法をとったが、見つからず残念。引き続き捜査する」とコメント。甲南大法科大学院の渡辺修教授(刑事訴訟法)は「戦後の混乱期に多発した凶悪事件に対して、よくとられた手法。逃げ得は許さないという検察の執念がうかがえる」と話している。

<共産党>町田、日野市議選で全員当選…地方選で健闘(毎日新聞)
自称霊能力者の民生委員ら、殺人と殺人未遂容疑(読売新聞)
無登録でマンション管理 適正化法を初適用し書類送検(産経新聞)
手配容疑者、来院したら通報=美容外科業界と協定−警察庁(時事通信)
【25%の危機】(中)新たな負担 いまだ“藪の中”(産経新聞)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-03-02 18:58
 25日午後5時半ごろ、岡山県倉敷市林で「民家が燃えている」と119番通報があった。木造2階建て民家の居間が焼け、県警児島署が屋内を調べたところ、女性と子ども2人が刺されているのが見つかった。女性は間もなく死亡が確認された。子ども2人は背中や耳を切られているが軽傷。

 同署によると、女性は同所に住む大崎利章さん(45)の妻峰子さん(38)と長男(14)、次男(7)。

 同居する峰子さんの義弟、大崎新市容疑者(43)の行方が分からなくなっていたが、県警捜査1課などが現場から北西に約3.5キロ離れた同市内で軽乗用車で逃走中の同容疑者を発見し、殺人容疑で緊急逮捕した。【石戸諭】

【関連ニュース】
殺人未遂:元警官、自宅前で撃たれ重傷 福岡
殺人未遂:男性2人刺される 容疑者逮捕 東大阪
警察署内発砲:傷害の容疑者、銃奪い 警官1人重傷 東京
殺人未遂:男子高校生刺した容疑 56歳の男を逮捕 徳島
男子高校生:後ろから背中刺される 徳島・JR阿波池田駅

燃焼する大阪府市論争の行方は… 橋下府政ウオッチ(産経新聞)
<衆院予算委>自民党が分科会欠席(毎日新聞)
ビタミンD3製剤2成分のスイッチOTC化を了承(医療介護CBニュース)
「夜間無人で意外に金ある」幼保専門ドロ逮捕(読売新聞)
社会資本審委員、大幅入れ替え=新任10人、政策転換をアピール−国交相(時事通信)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-03-01 15:00
 与野党対決の構図になった長崎県知事選と東京・町田市長選で、与党の推薦候補がそろって敗れた。鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長の「政治とカネ」をめぐる問題が民主党への逆風となった形だ。小沢幹事長の進退問題が再び浮上する可能性がある。

■衆院選全勝「長崎」の知事選で大敗

 7月に想定される参院選の前哨戦として注目された長崎県知事選は2010年2月21日、投開票され、民主・社民・国民新の各党が推薦した元農水省改革推進室長の橋本剛氏(40)は、自民・公明両党が支援した前副知事の中村法道氏(59)に9万票以上の大差で敗れた。

 東京・町田市長選でも、民主・社民・国民などが推進した元首都大学東京教授の秋山哲男氏(61)が、自民・公明の支援を受けた現職・石阪丈一氏(62)に3万票差をつけられて完敗した。

 いずれも投票率が前回より高く、無党派層の動向がカギを握ることになったが、2009年までは民主系候補に投票していた無党派層が離れたのが敗因とみられる。鳩山首相や小沢幹事長の政治資金問題で民主党への逆風が強まっているが、選挙の結果としても表れた形だ。

 県知事選のあった長崎県は09年夏の総選挙で民主党候補が4つの小選挙区すべてで勝利している。特に長崎2区は、薬害肝炎九州原告団代表の福田衣里子氏が久間章生元防衛相を破り、政権交代を象徴する選挙区となった。しかし、かつての追い風は逆風に変わり、知事選の大敗につながった。

 内閣支持率も下がり続けている。朝日新聞が2月20日、21日に実施した世論調査では、鳩山内閣の支持率は37%となり、同社の調査では初めて4割を切った。「小沢氏は幹事長を辞任すべき」という意見が64%にのぼっており、相変わらず強い「小沢批判」が民主党政権を直撃しているといえる。

■鳩山首相「やはり政治とカネの問題が影響した」

 このような状況を生かそうと、自民党は「政治とカネ」の問題に絞って民主党を攻撃する作戦に出ている。国会では、民主党の小沢幹事長らの証人喚問を要求。民主党が応じないことから、2月22日には2010年度予算案の審議を拒否した。衆院予算委員会は自民党欠席のまま開かれる異常事態となった。

 ただ、野党でも公明・共産・みんなの3党は出席。自民党内にも、河野太郎議員など執行部の対応を批判する声がある。国民のなかには「予算案の審議をしっかりやってくれ」という空気もあり、同党の審議拒否作戦が世論の支持を得られるかは微妙だ。

 一方、鳩山首相は22日朝、長崎県知事選の結果について

  「厳しかったですね。やはり政治とカネの問題が影響したというべきだと思います」

と述べ、民主党への逆風が強かったことを認めた。小沢幹事長も22日夕の定例会見で、

  「長崎県知事選でかなりの大差で負けてしまったことは大変残念に思っている。国政選挙と地方選挙はいろいろな意味で違っているが、私自身の不徳の致すところで皆様に迷惑をかけたことについては大変申し訳なく思っている」

と発言。自らの政治資金問題が選挙結果に影響したとの見方を示した。国民への説明責任については、

  「すべての資料・情報を当局で調べた結果が(不起訴として)出ている。何も隠すことはない。全国を回って、その場で疑問があれば答えていくということだと思う」

と述べ、国会の証人喚問に応じるかどうかについては言及しなかった。


■関連記事
民主を次々襲う「政治とカネ」疑惑 今度は北教組の違法献金 : 2010/02/17
幹事長続投小沢氏 「公平・公正な捜査の結果」 : 2010/02/04
岡田外相「ぶら下がり取材」廃止 記者クラブが押し切られる : 2010/02/19
南沢奈央「10代最後のすっぴん」見せます! au「LISMO!」が高画質ビデオで配信 : 2010/02/22
「復帰」北野誠と和田アキ子 その意外な共通点とは : 2010/02/21

「春節」アキバ盛況 中国人観光客「炊飯器20台」(産経新聞)
裁判員 重い選択 鳥取2人強盗殺人初公判 関心高く 傍聴券求め848人(産経新聞)
「日本版NP」創設を―日看協が初の統一見解(医療介護CBニュース)
五木寛之さん、直木賞選考委員を辞任の意向(読売新聞)
大麻事件摘発の少年「たばこの延長で…」 大阪府警調書分析(産経新聞)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-02-27 06:23
 熊本県警に昨年9月、窃盗などの容疑で逮捕された男が、福岡や大分など九州各県で計約250件(被害総額は約1500万円)の盗みを繰り返していたと自供していたことが捜査関係者への取材でわかった。

 男は、家族には出勤を装って犯行に出掛け、盗んだ金の一部を「給料」として毎月、妻に渡していたという。

 福岡県行橋市南泉3、無職添田忠寿被告(30)(窃盗罪などで公判中)。

 捜査関係者によると、添田被告は深夜から未明にかけて車で県内外を回って2階建て住宅を物色。無施錠の窓から忍び込んだり、窓ガラスをドライバーで割ったりして侵入。1階の居間などにあるバッグなどを盗み、現金や商品券だけを抜き取っていた。

 「2階建ての家は、家人が2階で寝ていることが多く、1階に入りやすかった。生活費や遊興費を稼ぐためだった」と供述しているという。

 添田被告は妻や幼い子供と暮らし、午後10時頃になると「仕事に行く」と出掛け、翌朝7時頃に帰宅。給料もきちんと渡していたため、妻は犯行にまったく気付いていなかった。

 2006年10月頃から犯行を繰り返し、昨年9月8日、福岡県八女市の電器店から約70万円を盗んだとして、窃盗などの容疑で逮捕された。自供した余罪のうち裏付けの取れた4件について、熊本地検が1月までに窃盗罪などで熊本地裁に起訴した。

五輪フィギュア 明智光秀らの子孫も織田選手にエール(毎日新聞)
五輪フィギュア 高橋選手の母校で後輩ら応援 岡山(毎日新聞)
マータイさん ショップ訪問 小田急・新宿店(毎日新聞)
民家火災で2人死亡=高齢の夫妻か−北海道(時事通信)
名護市長が鳩山首相と会談 普天間飛行場の辺野古移設、反対を強調(産経新聞)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-02-26 02:03
 無登録でマンション管理業を営なみ、住民が積み立てた管理費など約2260万円を着服したとして、長田署などは23日、マンション管理適正化法違反(無登録営業)と業務上横領の疑いで、神戸市兵庫区の無職の男(56)を書類送検した。同法はマンション管理業を営む際、国土交通省に登録する必要があると定めており、同署によると同法違反の適用は全国初という。

 送検容疑は平成14年4月ごろから20年4月の間、無登録のまま神戸市長田区と東灘区のマンションの管理を管理組合から請け負い、さらに管理費や修繕費など計約2260万円を着服したとされる。

 男は昨年11月に業務上横領容疑で長田署に逮捕されたが病気のため釈放され、同署などが任意で取り調べていた。同署によると、男は容疑を認めており、着服した金を生活費や遊興費に使ったと供述しているという。

【関連記事】
無登録でマンション管理 適正化法初適用 容疑の男書類送検
中古マンションに「星の数評価」を 京都で全国初 
犬の鳴き声の迷惑料は6万円 東京地裁、隣室男性への支払いを命令
マンション管理費着服で小田急電鉄子会社元社員の男逮捕 使途不明金は1億円 警視庁
ボトルキャップ回収で社会貢献 長谷工コミュニティ

児童ポルノ 被害最多 虐待も過去最悪に 09年統計(毎日新聞)
「今後も骨太の言論を」 正論新風賞 遠藤浩一・拓殖大大学院教授(産経新聞)
野田財務副大臣「子ども手当のハードル高い」(産経新聞)
ゴルフ場転落死の大穴、原因は地下水の浸食(読売新聞)
若者はしか予防追加接種の低迷続く 東北18歳は平均上回る(河北新報)
[PR]
by uaqcbflzrv | 2010-02-24 18:39